印鑑の種類

印鑑の種類

印鑑といえば、実印、銀行印、三文判などを思い浮かべると思いますが、これらの違いは何でしょうか?
お店で売られている印鑑を見てみると、これは「実印用」、これは「銀行印用」などと明示されている場合も少なくないですが、それはあくまで〇〇用として向いているということであって必ずその通りに使用しなければならないというわけではありません。
いくら実印用として売られている印鑑であっても、印鑑登録するまでは何の重みももたず、100円均一で売られているような三文判と価値は同じということです。
実印は印鑑登録をすることで、本人証明という意味で大きな効力を持つことになり、不動産の売買契約など重要な場面で使用することができるようになります。
一般的に実印用として売られている印鑑が複雑な書体や形状をしているのは、偽造されて本人に成りすまして契約がされないようにするためです。
したがって、三文判のような大量生産され唯一性のない印鑑は実印登録しようとしても役所で拒否されることがあります。